Rapyuta Robotics/AMR導入でUPSと覚書締結

2021年03月02日 
関連キーワード:

Rapyuta Roboticsは3月2日、UPSサプライチェーンソリューション・ジャパンと物流倉庫向けの自律型協働ロボット(AMR)の導入で覚書を締結したと発表した。

<Rapyuta Robotics(右)とUPSサプライチェーンソリューション・ジャパン>
202210302rr1 520x358 - Rapyuta Robotics/AMR導入でUPSと覚書締結

AMRは、人と協働しながら作業支援を行う自律型ロボット。作業者がピッキングした商品などをロボットが運ぶことで、作業者の歩行数を大幅に減らすことができるため、作業の効率化を図ることができる。

UPSでは、柔軟性を備えた効率的な倉庫オペレーションの仕組みの構築を進めており、Rapyuta Roboticsが持つ技術力やAMRの機能がそれに適合する可能性が高いと判断。2021年度に、Rapyuta RoboticsのAMR「rapyuta.io」の導入に向けた検討を本格的に始めることにした。

その第一歩として、Rapyuta Roboticsが提供するシミュレーターに、導入候補先の出荷情報、商品情報、レイアウト図などを入力し、AMRを導入する際の動線や期待生産性を分析する作業を始めている。

<シミュレーターのイメージ>
202210302rr2 520x194 - Rapyuta Robotics/AMR導入でUPSと覚書締結

Rapyuta Roboticsのシミュレーターは、実際にAMRに搭載されているソフトウェアを活用し、人の動きも含めた現場を再現することが可能。そのため、稼働するロボットの台数と協働するスタッフの人数に応じた期待生産性の試算や、想定される注文に対し出荷期限までにピッキング作業が完了できるかを詳細に検証できるという。

また、特定の要素を変えてシナリオ分析を行うことで、棚の配置や通路幅などのレイアウト、棚割りの変更による生産性改善の程度の検証、作業のボトルネックの調査も可能としている。今後、2社では日本初の新しい事例を構築すべく、緊密に連携を進めていく考え。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集