SGシステム/給与支払報告書を対象にAI-OCRサービス開始

2021年03月09日 
関連キーワード:

SGホールディングスグループでIT統括事業を担うSGシステムは3月9日、自治体やビジネスプロセスアウトソーシングが扱う給与支払報告書を対象に、AIを活用したOCR(Optical Character Recognition:光学的文字認識)サービスの提供を開始したと発表した。

<Biz-AI×OCR 給与支払報告書サービスイメージ>
20210309sgsystem 520x128 - SGシステム/給与支払報告書を対象にAI-OCRサービス開始

SGシステムでは、佐川急便の配送伝票のサイズ・重量入力業務を自動化するAI-OCR(AIを活用したOCR技術)をフューチャーアーキテクトと共に開発し、入力業務にかかる作業時間を月間8400時間短縮した。また、配送伝票だけではなく、AI-OCRを活用しグループの帳票入力業務を自動化するなど業務効率化に貢献してきた。このようなグループ内で培ってきたノウハウを元に、AIを活用したOCRプラットフォームサービス「Biz-AI×OCR」を開発し、グループ外をターゲットに展開している。

サービスの特徴は、AIが自動で読み取り項目を認識しOCR処理を行うため、事前のフォーマット登録による読み取り位置の設定等は不要。マイナンバーや金額など正確性が求められる項目で手書き文字と活字が混在している場合でも、個性の違う複数のAI-OCRエンジンを組み合わせることにより、高い読み取り精度を実現している。

本格導入の前にまずは実業務への適合について検証したいという顧客向けに「スタートプラン」も用意している。

SGシステムは、自治体やBPO事業者に対してさまざまなAI-OCRエンジンを組み合わせた充実したサービスを提案することで、業務の省力化、効率化につながる高い付加価値の提供に努めていくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集