JR貨物/鉄道コンテナをオフィスや店舗に改造

2021年03月12日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は3月17~19日、大阪市北区の「うめきた外庭 SQUARE」で開催されるイベント「仮設のチカラVol.1」に、内部をオフィス用とショップ用に改造した鉄道コンテナを展示する。

<オフィス(上)とショップ(下)に改造したコンテナ>
20210312jr1 520x365 - JR貨物/鉄道コンテナをオフィスや店舗に改造

20210312jr2 520x284 - JR貨物/鉄道コンテナをオフィスや店舗に改造

内部をオフィス用とショップ用に改造したJR12フィートコンテナ2個を展示。コンテナ内部を公開し、潜在ニーズと潜在顧客の調査や、社外へのアイデア発信、意見収集を行う。

今回の展示は、災害対応や復興支援に活用できるコンテナの提供向けた取り組みの一環。今後は、イベントを通じて鉄道コンテナの貨物輸送以外での用途開発に向けてニーズの調査を進めていくほか、同コンテナの平常時の活用方やメンテナンス、自治体との連携方法などの検討を深めていくとしている。

<展示会場イメージ>
20210312jr 520x351 - JR貨物/鉄道コンテナをオフィスや店舗に改造

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集