JILS/『超』入門!世界標準のSCMセミナー(全4回)

2021年07月21日 

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は8月18日から計4回にわたり、製造業・流通業等の新任マネージャーを主な対象とした「『超』入門!世界標準のSCMセミナー」を開催する。

セミナーはZoomを利用したオンライン形式で開催。世界標準の知識体系に沿った講義と演習を通じ、SCMを理解するための「観点」と「基礎知識」の習得を目指す。

受講の特典として、2021年3月刊行の「基礎から学べる!世界標準のSCM教本」(日刊工業新聞社)を1部進呈する。

■開催概要
日程:8月18日(水)、8月25日(水)、9月1日(水) 、9月8日(水)の計4回
時間:各回19:00 ~ 21:00 (講義90分+質疑30分)
開催方式:オンライン(Zoom)
参加料:JILS会員55,000円(税込)/JILS会員外66,000円(税込)
対象:製造業・流通業のSCM部門の新任マネージャーなど、その他SCMに携わる方々
特典:書籍進呈、「基礎から学べる!世界標準のSCM教本」(日刊工業新聞社)

■詳細・申込
https://sforce.co/3hFde4q

■プログラム
第1回:「SCMって何?」
1-0はじめに
1-1 SCMは何を目指す活動なのか
1-2なぜSCMが重要なのか
1-3 SCMの観点から自社の活動を整理する

第2回:企業活動におけるSCMの要素①
2-1グローバルサプライチェーンにおける「調達」の役割について
2-2グローバルサプライチェーンにおける「生産」の役割について
2-3グローバルサプライチェーンにおける「流通」の役割について
2-4自社を含むグローバルサプライチェーンを描いてみる

第3回:企業活動におけるSCMの要素②
3-1 SCMにおいて「需要情報」はどのように認識されているのか
3-2 SCMにおいて「在庫」はどのような役割を担っているのか
3-3 SCMにおいて「供給活動」はどのように計画・実行されているのか
3-4自社のSCMを評価する(ROICの観点から活動を再整理する)

第4回:「21世紀のSCMにおけるイシュー」
4-1 20世紀のSCMは何を残したのか
4-2 21世紀のサプライチェイナーには何が望まれるか
4-3自社を含むサプライチェーンの外部環境を整理する
4-4 SCMの観点から自社の課題を整理・ディスカッションする

※各チームでの発表を予定

■講師
行本 顕(ゆきもと けん)氏

<略歴>
1974 年生まれ。APICS 認定インストラクター(CPIM-F・CLTD-F・CSCP-F)、法学修士。
銀行員を経て 2003 年より国内消費財メーカーに勤務。生産管理・海外調達他を担当。
2010 年~2012 年にかけて米国の大手消費財ディストリビューターに常駐、S&OP を担当。
日本初の APICS 三科目認定インストラクターとして日本ロジスティクスシステム協会、
日本生産性本部他での講演を中心にSCM 普及活動を行っている。ストラテジックSCMコース第12期修了生。著書に「基礎から学べる!世界標準のSCM教本」(日刊工業新聞社)他。

■受講者の声
・「グループセッションもあり、非常に勉強になった」
・「講師のプレゼンは、オンラインでもスムーズで非常に聞きやすかった」

■問い合わせ
日本ロジスティクスシステム協会 業務管理部
shien@logistics.or.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集