アスクル/5~8月のロジスティクス事業、売上高4.8%増

2021年09月16日 

アスクルは9月16日、2022年5月期第1四半期決算を発表し、ロジスティクス事業の売上高は20億8800万円(前年同期比4.8%増)、営業損失は5900万円(前期は営業損失4億8000万円)だった。

ASKUL LOGISTのグループ外の物流業務受託の拡大により、売上高が増加した。事業拡大に加え、前連結会計年度において連結子会社であったエコ配を連結の範囲から除外したことから、前年同期比で営業損益は大幅に改善している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集