サンリツ/米国子会社がカリフォルニア州に新倉庫建設

2021年10月08日 

サンリツは10月8日、米国子会社のSANRITSU LOGISTICS AMERICA(SLA)が、カリフォルニア州に新倉庫「 SLA California branch & Headquarters(仮称)」を建設すると発表した。

<完成予想図>
20211008sanritsu 520x239 - サンリツ/米国子会社がカリフォルニア州に新倉庫建設

SLAは、米国西海岸のカリフォルニア州と東部のノースカロライナ州で、主に工作機械を中心とした梱包、運輸、倉庫事業を行っている。

現在、カリフォルニア州では、同社のメインターゲットである工作機械メーカーの大型精密機械に対応できる設備を持った倉庫の需要が高まっている。

また、米国西海岸地区の地価上昇に伴う今後の倉庫賃借料高騰が見込まれることを勘案し、米国西海岸地区へ自前の新倉庫を建設し、現地ニーズに対応した設備を持った倉庫を提供することで、さらなる事業拡大を目指す。

■新倉庫 概要
所在地:430-201-09 Aston St. Irvine CA 92606(仮称)
敷地面積:5548m2
延床面積:2508m2
建設費用:750万米国ドル(8億2400万円)
設備:オーバーヘッドクレーン(30トン)2基、フォークリフト(7トン、3トン)各1台等
竣工:2022年7月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集