LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱造船/商船三井と液化CO2輸送船の開発を促進

2021年11月10日/IT・機器

三菱造船は11月10日、商船三井と実施していた液化CO2輸送船(LCO2船)に関するコンセプトスタディー(概念研究)を完了したと発表した。

<LCO2船のイメージ動画>

今後は、LPG(液化石油ガス)やLNG(液化天然ガス)といった液化ガス輸送船の建造で蓄積した三菱造船のガスハンドリング技術と、多種多様な船舶の運航に関する商船三井の豊富な知見を統合し、グローバルに需要拡大が見込まれる船舶によるCO2輸送技術の開発を促進する。

CO2を回収して転換利用や貯留を行うCCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)は、カーボンニュートラル社会を実現するための有効な手段として注目されている。そのバリューチェーンで、LCO2船は液化されたCO2を貯留および利用する拠点まで輸送する役割を担うものとして、将来的な需要の拡大が期待されている。

三菱造船は、三菱重工グループが戦略的に取り組むエナジートランジション(低環境負荷エネルギーへの転換)の一環として、LCO2船の開発とその事業化を積極的に推進している。今回の協業については、CCUSバリューチェーンで欠かすことのできないCO2輸送分野に関する内容であることから、CO2エコシステムの構築に大きく寄与することを期待している。

一方、商船三井は2021年3月に欧州で産業向けLCO2船を30年以上管理するノルウェーのラルビック・シッピング社(Larvik Shipping)への出資によって、液化CO2海上輸送事業に参画している。今回の協業は、商船三井がこれまで培ってきた安全運航の知見とラルビック・シッピング社のノウハウおよび実績を統合し、顧客ニーズに沿ったLCO2船の実現に向けて検討を実施したもの。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース