メディパルHD、JAL/医薬品ドローン輸送の共同検討開始

2021年11月30日 

メディパルホールディングスと日本航空(JAL)は11月30日、ドローンを活用した持続可能な物流網の構築に向けて共同検討を開始したと発表した。

共同検討では、「医薬品のドローン輸送と関連輸送に関する市場調査、事業性検証」「各種実証実験での連携」「ドローンに対する社会受容性の向上施策の検討」「ドローン活用による災害時やSDGsの達成に向けた医薬品供給体制の構築の検討」に取り組む。

<メディセオの物流拠点から離陸するドローン>
20211130jal 520x340 - メディパルHD、JAL/医薬品ドローン輸送の共同検討開始

両社は10月27・28日に、兵庫県洲本市でドローンによる医薬品の拠点間輸送をユースケースとした実証実験を実施。実証実験では、メディパルの完全子会社であるメディセオが薬剤模擬品を提供し、同社の営業兼物流拠点「淡路FLC(Front Logistics Center)」が自治体や医療機関へのリレーション構築を行ったほか、JALは航空運送事業での安全運航のノウハウを生かし、ドローンの運航と安全管理を担当した。

両社は共同検討によって、地域のニーズに寄り添い、環境性能に優れた電動ドローンを活用した、災害などの有事にも対応可能かつ持続可能な物流網を構築し、全ての国民が高品質な医療を享受できる豊かでサステナブルな社会を共に目指していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集