カネカ/潜熱蓄熱材で-60℃以下の定温輸送を実現

2022年01月06日 
関連キーワード:

カネカは1月6日、融点-70℃の潜熱蓄熱材「カネカ潜熱蓄熱材 PATTHERMO CV-70」(PATTHERMO CV-70)と、高い断熱性能を持つ「定温輸送パッケージTACPack Premium」(TACPack Premium)を組み合わせることで、ドライアイス代替製品による-60℃以下の定温輸送を可能にしたと発表した。

<定温輸送パッケージTACPack Premium (PATTHERMO CV-70を使用)>
20220106kaneka 520x417 - カネカ/潜熱蓄熱材で-60℃以下の定温輸送を実現

新たに開発したPATTHERMO CV-70は、無機化合物の組み合わせを工夫することで-70℃の融点を実現した潜熱蓄熱材。今後、ドライアイスの代替製品として提案を強化し、CO2排出量の低減に貢献する。また、繰り返し使用可能であることから輸送コストの削減にもつながる。

これまで、-60℃以下の輸送ではドライアイスを用いることが主流だが、物流業界では、カーボンニュートラルの観点から代替製品のニーズが高まっている。特にドライアイスは夏場を中心に需給が逼迫することや、取り扱い作業者の安全管理と航空法による積載量制限があることが課題となっている。

定温輸送パッケージは、厳格な温度管理が求められる新型コロナワクチンの接種施設への輸送に使用されており、円滑なワクチン接種に貢献している。また、冷凍温度帯での輸送が必要となる再生医療やバイオ医薬品の拡大により、医薬品物流における適切な温度管理の重要性はますます高まっている。カネカは、今後も温度管理ソリューションの提供を通じ、医療や生活の質の向上、カーボンニュートラル社会の構築に貢献していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集