LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ラサール、東急、NIPPO/東海エリア最大35万m2の物流施設着工

2022年01月26日/物流施設

ラサール不動産投資顧問、東急不動産、NIPPOは1月26日、3社が共同で開発するマルチテナント型物流施設「ロジポート名古屋」の地鎮祭を1月26日に執り行い、2月1日の着工を予定していると発表した。

<外観パース完成イメージ図>
20220126lassale1 520x284 - ラサール、東急、NIPPO/東海エリア最大35万m2の物流施設着工

<別角度からのイメージ図>
20220126lassale2 520x325 - ラサール、東急、NIPPO/東海エリア最大35万m2の物流施設着工

<周辺地図>
20220126lassale3 - ラサール、東急、NIPPO/東海エリア最大35万m2の物流施設着工

<広域地図>
20220126lassale4 - ラサール、東急、NIPPO/東海エリア最大35万m2の物流施設着工

「ロジポート名古屋」は、3社が共同出資する特定目的会社が事業主体となって開発する、敷地面積約15万7000m2、延床面積約35万5000m2の東海エリア最大の4階建てマルチテナント型物流施設。

この施設は、名古屋市中村区に位置し、「名古屋駅」から約4.8kmと名古屋市中心部に近接することから、大規模都市型物流センターとして高い希少性を持っている。

また、名古屋高速5号万場線「烏森IC」から約2.2kmと高速道路網へのアクセスにも優れ、東海エリア一円の広域配送拠点に加えて、首都圏と関西圏との中継拠点になり得る立地。さらに、名古屋市営地下鉄東山線・JR関西本線・近鉄名古屋線「八田駅」から徒歩8分で通勤可能であるため、交通利便性も高く雇用確保に適している。

都市型物流センターであるこの施設は、地域への配慮も重要な要素であり、周辺の緑地化や歩道整備など、地域に溶け込み共生できる施設開発を計画している。

施設の特徴は、各階への着車を可能にするランプウェイを2基採用。床荷重は1.5t/m2、梁下天井有効高5.5m以上、柱スパン10m以上を備えた汎用性の高い仕様。最小約880坪の分割利用から、約5000~1万坪の1フロアオペレーションにも対応可能だ。

AIによる車両管制システムや電気自動車の充電スタンドを配備し、入居テナントに付加価値を提供。全館LEDによる省エネ対策、雨水再利用システムや太陽光発電設置による再生可能エネルギーの活用による環境負荷への配慮。名古屋市のCASBEE(建築環境総合性能システム)で「Sランク」の取得を見込む。

また、制震構造を採用した揺れに強い構造、浸水対策、72時間対応の非常用発電の設置等により、入居テナントのBCP対応に寄与。地域に溶け込む優しいファサード(外観)や、敷地周囲の歩道・ランニングロードの整備など、地域との共生に配慮した施設を計画している。

■施設概要
施設名:ロジポート名古屋
所在地:愛知県名古屋市中村区岩塚町字高道1他(地番)
敷地面積:15万7042.27m2(約4万7505坪)
延床面積:35万5109.45m2(約10万7420坪)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、地上4階建、制震構造
用途:マルチテナント型物流施設
着工:2022年2月1日
竣工:2023年7月31日(予定)
設計監理監修:日立建設設計
設計施工:清水建設
施主:名古屋プロパティー特定目的会社

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース