LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

高速道路3社/高速道路の休憩施設で大型車駐車マス順次拡充

2022年04月21日/物流施設

PR記事

東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の高速道路3社は4月20日、2021年度の拡充実績および2022年度から2024年度までの3か年の拡充計画と、2022年度までの拡充着手予定をとりまとめ、発表した。

2021年度は既存エリア内での小型車マスから大型車マスへの描き換え等により、全国43か所のSA・PAにおいて、大型車マス約910台の拡充が完了した。

2022年度から2024年度までの3か年で大型車マス約1500台の拡充を計画しており、うち2022年度までに全国約30か所のSA・PAにおいて大型車駐車マスの拡充に着手予定。マスの変更だけでなく大規模な土工工事や照明・満空情報板といった既存施設の移設などを伴う工事も含め、約600台の大型車駐車マスの拡充に着手する予定だ。

また、今後は、休憩施設以外の高速道路事業用地などを活用した大型車マスの増設も検討していくとしている。

<混雑状況の事例(東名 海老名 SA(上り)時間帯別滞在台数)>
20220421nexco1 520x302 - 高速道路3社/高速道路の休憩施設で大型車駐車マス順次拡充

なお、平日の夜間を中心に大型車の駐車マスが不足し混雑している状況は、依然として発生している。東名 海老名SA(上り)では、平日の夜間を中心に、8時間以上の長時間駐車が約6割を占めており、1台による駐車マスの占有時間が長くなっている。そのため、多くの車両が利用できず、大型車の駐車マス不足の一つの要因となっている。

<予約駐車マス手前への非予約車両の駐車状況とカラー舗装による対策(新東名 静岡SA(下り))>
20220421nexco2 520x420 - 高速道路3社/高速道路の休憩施設で大型車駐車マス順次拡充

さらに、近年整備を進めているダブル連結トラック駐車マスに、ダブル連結トラック以外の車両が駐車してしまい、ダブル連結トラックが駐車できないといった事象が発生している。

そこで、NEXCO中日本では、新東名 浜松いなさIC路外のダブル連結トラック専用の予約駐車場に加え、東名 足柄SA(上り)、新東名 静岡SA(上下)、新名神 土山SA(上下)にダブル連結トラック専用の予約駐車マスを整備し、2021年4月から順次運用している。

これらの予約駐車マスは事前の予約で確実に駐車可能とするものだが、非予約車両の駐車や、通路などへの不正駐車により予約車両が利用になれない事象が発生している。予約駐車マスの確実な利用が可能となるよう適正な駐車場の利用のお願いを呼び掛けている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース