LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

セイノーHD/3月期の売上高2.6%増、営業利益12.2%増

2022年05月13日/決算

PR記事

セイノーホールディングスが5月13日に発表した2022年3月期決算によると、売上高6076億5700万円(前年同期比2.6%増)、営業利益275億4500万円(12.2%増)、経常利益302億6900万円(9.1%増)、親会社に帰属する当期純利益172億5500万円(3.6%増)となった。

輸送事業の売上高は4532億5300万円(2.8%増)、営業利益は211億700万円(14.9%増)となった。

中核会社の西濃運輸では、営業体制の強化を図り適正運賃収受を進めるとともに、貨物の量、サイズに見合った最適な輸送モードを提案する「セイノー輸送なびPro」や顧客情報を一元管理する「顧客カルテシステム」を活用し、新規荷主の獲得や出荷継続率の向上に繋げ、取扱貨物量の確保に取り組んだ。

一方、路線便の運行効率化や仕分け・積込み業務の効率化による生産性の向上を図り、取扱貨物量に相関した費用の最適化を行うことで、安定した利益を確保した。

また、CO2削減や働き方改革として、3往復目となる混載ブロックトレイン「カンガルーライナーTF60」を東京貨物ターミナル駅~東福山駅間で運行開始した。

拠点展開では、西濃運輸が印西物流倉庫(千葉県印西市)と龍ケ崎支店(茨城県稲敷郡)を新設、相模原支店(神奈川県相模原市)と名古屋西支店(愛知県あま市)を移転したほか、セイノースーパーエクスプレスが八日市営業所(滋賀県東近江市)を移転、濃飛西濃運輸が各務原川島物流センター(岐阜県各務原市)を新設した。

次期は、売上高6203億円(2.1%増)、営業利益314億3000万円(14.1%増)、経常利益344億3000万円(13.7%増)、親会社に帰属する当期純利益217億円(25.8%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース