LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱ロジスネクスト/-25℃冷凍倉庫対応無人フォークリフト開発

2022年06月06日/IT・機器

PR記事

三菱重工業と三菱ロジスネクストは6月6日、マイナス25℃冷凍倉庫対応レーザー誘導方式無人フォークリフト(レーザーAGF)「PLATTER Auto 冷凍倉庫仕様(1.5〜3.0 トン積)」を、ニチレイロジグループ本社と共同開発したと発表した。

<左が冷凍冷蔵倉庫温度帯別での無人フォークリフト対応実績、右がPLATTER Auto 冷凍倉庫仕様(1.5〜3.0 トン)>
20220606mitsubishil 520x211 - 三菱ロジスネクスト/-25℃冷凍倉庫対応無人フォークリフト開発

6月6日より全国の三菱ロジスネクスト販売店を通じて、販売する。

マイナス 25℃クラスの冷凍倉庫においては霧や結露がレーザーAGF運用の障害となるため、走行ルート上の床面に磁気棒を敷設する磁気誘導方式のAGFを導入する必要がある。

今回の新機種は、マイナス10℃クラス対応のレーザーAGFをベースに、磁気誘導方式AGFで培った冷凍環境対応部品、マイナス25℃クラスに対応した電装品やセンサーを採用し、防錆対策を実施した車両での実証実験などを経て国内初の製品化を実現したもの。

これにより、従来からの課題である低温環境下での作業者の負担や、慢性的な人出不足による業務稼働の不安といった課題を解決する。

三菱ロジスネクストは2020年から、冷凍倉庫における業務革新に取り組むニチレイロジグループと共同で、冷凍冷蔵倉庫に対応できるレーザーAGFの開発を進めている。ニチレイロジグループのニチレイ・ロジスティクス関西の大阪埠頭物流センターにおいては、冷凍倉庫内での活用を想定したPLATTER Auto2台による実証実験や低温環境下での稼働試験などを実施してきた。

三菱重工と三菱ロジスネクストは今後も、AI(人工知能)や機械学習を用いた自律化・知能化ソリューション「ΣSynX(シグマシンクス)」の物流機器への搭載など、グループの総合力を生かした製品の開発に取り組んでいくとともに、物流業界のさまざまな課題に対して最適なソリューションを提供していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース