LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日立物流/茨城県阿見町に鉱山機械サービス部品拠点を稼働

2022年06月15日/物流施設

日立物流は6月15日、茨城県稲敷郡阿見町で、日立建機のサービス部品拠点となる物流センターを7月より稼働開始すると発表した。

<物流センター外観>
20220615hitachibuturyu 520x336 - 日立物流/茨城県阿見町に鉱山機械サービス部品拠点を稼働

このセンターは、計10基の天井クレーンを設けるなど、重量品の多い鉱山機械のサービス部品取扱いに特化した仕様となっている。荷受スペースのほかに出荷専用スペースを兼ね備え、同センターから海外へも直接製品を出荷することにより、発送作業を効率化する。

新たな付加価値を提供することで、グローバルなサービス部品供給をサポートし、顧客の事業の拡大に貢献していく、としている。

■部品センターの概要
名称:日立物流東日本 つくば営業所 阿見Ⅱ倉庫
所在地:茨城県稲敷郡阿見町よしわら5丁目5-1
アクセス:首都圏中央自動車道「阿見東IC」から車で約1分
建屋仕様:鉄骨造(地上1階建て)
敷地面積/倉庫面積:約6万8000m2/約3万3000m2
主要設備:天井クレーン10基、ドックレベラー4基、高層パレットラック
物流運営会社:日立物流東日本

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース