LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本梱包運輸倉庫/埼玉県三芳町に3万m2新倉庫建設

2022年07月07日/物流施設

日本梱包運輸倉庫は7月5日、埼玉県入間郡三芳町で三芳営業所新倉庫増築に伴う地鎮祭を実施した。

<完成予想図>
20220707nikkon 520x212 - 日本梱包運輸倉庫/埼玉県三芳町に3万m2新倉庫建設

三芳営業所は、関越自動車道「所沢IC」と「三芳スマートIC」からともに3.6kmの位置にあり、首都圏方面、北関東方面へのアクセス利便性の高いロケーションに立地している。

新倉庫は敷地面積は3万2340m2、延床面積は2万9346m2で、2023年10月に営業開始予定。

設備は垂直搬送機を5基、貨物用エレベーターを2基設置するほか、3階には空調設備を導入。4階には移動ラックを設置し、製品の保管効率向上を図る。

トラックバースは40フィートコンテナ4本が同時に接車可能で、大型車17台分、中型車10台分を整備する。

今後、同社は新倉庫の増築によって三芳営業所を強化し、埼玉の中核を担う拠点として高付加価値の物流サービスを提供するほか、首都圏・北関東への物流動線を生かしたデポ機能と消費地を睨んだ物流網の構築を実現していくとしている。

■新倉庫概要
建設地:埼玉県入間郡三芳町藤久保1012
アクセス:関越自動車道「所沢IC」「三芳スマートIC」から各3.6km
延床面積:2万9345.85m2
設備:垂直搬送機5基、貨物用エレベーター2基、空調設備(3階)、移動ラック(4階)
トラックバース:大型車17台分、中型車10台分
営業開始:2023年10月

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース