LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

Azoop/運送業務支援システムに2024年問題対応機能を追加

2022年07月20日/セミナー

Azoopは7月20日、運送業務支援システム「トラッカーズマネージャー」の新機能として「運行実績表」の提供を開始したと発表した。

<運行実績表>
20220720azoop 520x259 - Azoop/運送業務支援システムに2024年問題対応機能を追加

新機能では、日々の日報情報を登録すると自動で労働時間を集計し、運行実績表としてドライバーごとの労働時間を月単位で可視化する。運行実績詳細表では、拘束時間や休息期間、運転時間等も自動で計算し、改善基準告示に対応した形で表示。「拘束時間15時間超過が週2回以上ある」場合などを自動で可視化する。

新機能の提供は、2024年問題につながる「ドライバーの労働時間管理が複雑・煩雑で、正確に把握・集計することが困難」といった課題の解決に向けたもの。

Azoopでは、2024年問題の解決に寄与するため、今後も複数の機能をトラッカーズマネージャーに追加する予定。具体的には、前日までの情報をもとに配車の際にアラートすることで違反を未然防止する「改善基準告示アラート機能」と「配車表での労働時間アラート」のリリースを予定しているほか、日報登録でデジタコとの自動連携なども予定している。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セミナーに関する最新ニュース

最新ニュース