LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

高速道路4社/お盆期間渋滞予測、下り11・13日、上り14日に多発

2022年07月20日/SCM・経営

NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、JB本四高速、日本道路交通情報センターは、お盆期間(8月10日~8月16日の7日間)の高速道路での交通集中による渋滞予測を発表した。

<10km以上の渋滞回数>
20220720Kosoku1 520x164 - 高速道路4社/お盆期間渋滞予測、下り11・13日、上り14日に多発

例年並みの交通状況の場合、下り線では8月11日、13日に渋滞が多発し、上り線では、特に8月14日に渋滞が多発すると予測している。

<各社の特に長い渋滞発生予測>
20220720Kosoku2 520x209 - 高速道路4社/お盆期間渋滞予測、下り11・13日、上り14日に多発

特に長い渋滞発生予測では、下り線では、東北自動車道・矢坂北PA付近で8月11日10時頃をピークに45km、東名高速道路・秦野中井IC付近で同日8時頃に45㎞、中央自動車道・相模湖IC付近で同日5時頃に45kmなどとなっている。

また上り線では、8月14日15時頃をピークに、東名高速道路・綾瀬SIC付近で50km、8月15日17時頃、関越自動車道・高坂SA付近で40kmの予測となっている。

なお、2021年の渋滞実績(8月6日~16日)では、10km以上の渋滞回数が上り・下り合計で82回、30km以上は1回であった。2022年の渋滞回数は10km以上が353回、30kmが23回と予測されており、前年を大きく上回りそうだ。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース