LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

インフォア/3PL企業の業務効率化と在庫のトレーサビリティ実現

2022年09月27日/IT・機器

インフォアは9月27日、国際的な大手製薬企業に代わって3PL保管・配送を行うヨルダンのMooneh社が、インフォアの倉庫管理システム「Infor WMS」を導入したことを発表した。

Infor WMSは、効率的かつ効果的な倉庫業務の確立と、全在庫の完全なトレーサビリティを実現する倉庫管理システム。このプロジェクトは、サプライチェーンコンサルティングおよびソフトウェア導入の先進的なプロバイダーであるSNS社の協力によって実現した。

Mooneh社は、10万m2の温度管理された物流インフラを構築し、年間10万トン以上のFMCG(日用消費財)と最大2万2000パレットの医薬品や医療用品を配置できる保管能力を備え、フルフィルメントとロジスティクスのソリューションを提供している。

倉庫業務の最適化を目的としたMooneh社のプロジェクトには、2つの目標があった。ひとつは、倉庫のスペースを有効活用して入出庫を効率化することで、もうひとつは、人の手による作業と移動時間を最小限に抑えて、生産性を最大限に高めること。現在、製品の入荷から、保管、出荷まで、倉庫業務はすべて、Infor WMSによって管理されている。

<Mooneh社のオデイ・アブ・シェハーブ エグゼクティブディレクター>
20220927infor - インフォア/3PL企業の業務効率化と在庫のトレーサビリティ実現

Mooneh社のオデイ・アブ・シェハーブ エグゼクティブディレクターは「グローバルサプライチェーンの混乱と不安定な状況がつづく中で、顧客の当社に対する期待を高い水準で維持するためには、ベストプラクティスとレジリエンスの実証を可能にする倉庫管理ソリューションが必要だった。Infor WMSは業界に特化した機能を備えており、入荷から出荷までの倉庫業務を管理できる。さらに、情報の収集、分析、統合にもとづく洞察も提供する。そのため、私たちは戦略的な調整および対応能力を得ることができるようになった」と述べている。

また、SNS社のムハンマド・オバデヤ サービスディレクターは「Infor WMS導入の成功は、Mooneh社の倉庫業務の自動化促進、在庫管理のトレーサビリティ強化、広範なサプライチェーンのレジリエンス向上につながる。医薬品業界での3PLプロバイダーのリーダー企業として業界のデジタルトランスフォーメーションに率先して取り組み、倉庫業務のベストプラクティスの実証を目指しているMooneh社に協力できることを光栄に思う」とコメントしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース