LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ロジザード/「スニダン」の物流を効率化、出荷能力3倍に

2022年11月25日/IT・機器

ロジザードは11月24日、クラウド倉庫管理システム(WMS)「ロジザードZERO」が、SODAの提供するスニーカー&ハイブランドフリマ「スニーカーダンク(スニダン)」の物流現場で採用されたと発表した。

<スニダンの物流現場>
20221125logizard 520x311 - ロジザード/「スニダン」の物流を効率化、出荷能力3倍に

「スニダン」では、個人取引(CtoC)の間に立って商品の真贋鑑定を行い、偽造品の流通を防ぐ仕組みを採用している。そのため、物流はCtoBtoCとなり、通常のBtoC物流よりも出荷業務がより複雑で、商品の流れが速く、商品管理の難易度が高いといった特性を持つ。また、CtoCの取引は1点1点の品質状態が異なる二次流通となるため、メーカーが発行するバーコードによる管理ができないことから、手作業で商品管理を行う必要があった。

<基幹システム等とロジザードZEROの連携図>
20221125logizard1 520x345 - ロジザード/「スニダン」の物流を効率化、出荷能力3倍に

ロジザードは、スニダンのこうした特性を考慮し、インストアJANを使用した管理方法とロジザードZEROの標準機能を活用した運用フローを提案。

ロジザードZEROの導入によって商品の管理工数を大きく削減し、入荷から商品検品、鑑定、出荷まで、従来は中2日ほどかかっていた作業を中1日に短縮したほか、ボトルネックになっていた該当商品と顧客との照合作業の大半を省略。また、ロジザードZEROと自動梱包機をつないて作業を自動化するなど、一連の取り組みによって従来比3倍の出荷業務を実現した。

ロジザードによるCto(Bto)C物流現場の構築は、今回が国内で初の事例となった。

■導入事例
https://www.logizard-zero.com/cases/soda.html

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース