LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱重工等/温室効果ガス低減・水素対応の新型クレーン2基を納入

2022年12月22日/IT・機器

PR記事

三菱重工業ならびに三菱重工グループの三菱ロジスネクストは12月22日、従来比で温室効果ガス排出量を低減し、将来的な水素燃料電池への換装も可能な新型タイヤ式門型クレーン(RTG︓Rubber Tired Gantry crane)「F-ZERO(Future-Zero)」タイプの初号機 2基を、川崎市川崎区の川崎港コンテナターミナルへ納入したと発表した。

コンテナターミナルの運営など手掛ける東洋埠頭から受注したもので、9月から同港での稼働を開始している。

<新型タイヤ式門型クレーン「F-ZERO」タイプ>
20221222kawasaki1 520x352 - 三菱重工等/温室効果ガス低減・水素対応の新型クレーン2基を納入

同RTGは、ディーゼル発電機の小型化によりエンジンの排気量・出力を抑えつつ従来のハイブリッド型RTG(以下、従来型RTG)と同容量の蓄電池を搭載可能とした。

また、新型エンジンコントローラーを用いた最適かつ効率的な燃焼制御により、環境省の特定特殊自動車排出ガス規制法の2014年規制基準値をクリアし、従来型RTGと比較して約15%(三菱ロジスネクストの評価パターンによる数値)の燃費削減三菱ロジスネクストの評価パターンによる数値と、CO2、NOx(窒素酸化物)、PM(黒煙粒子状物質)の排出量削減を達成している。さらに将来的な水素供給インフラ整備の完了に合わせ、ディーゼル発電機から水素燃料電池への換装も可能としている。

<巻下げ時に発生する回生電力を再利用>
20221222kawasaki2  520x174 - 三菱重工等/温室効果ガス低減・水素対応の新型クレーン2基を納入

加えて、荷役の際にコンテナの吊下げや移動を担うスプレッダーのワイヤー巻下げ時に発生する回生電力を蓄電池に蓄電し、ワイヤー巻上げ時に再利用することで燃料消費を抑え、CO2排出量を低減する機能を、従来型RTGと同様に搭載している。

三菱重工と三菱ロジスネクストは、カーボンニュートラル社会の実現に向け、港湾におけるCO2排出量削減への取り組みを進めている。今回の新型RTG納入を通じ、川崎港が検討を進めるカーボンニュートラルポート(CNP)の実現に貢献するとともに、グループの総合力を生かして荷役機器の新モデル開発や既存機器の水素燃料電池化などを積極的に推進し、港湾物流における最適なソリューションを提供していくとしている。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース