LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





東京都/サプライチェーンでの脱炭素化促進で支援事業

2024年06月24日/SCM・経営

東京都は6月21日からCO2排出量の可視化や削減等にグループで一体的に取り組む事業者を募集する「2024年度 中小企業のサプライチェーンにおける脱炭素化促進支援事業」をスタートした。

東京都では、「ゼロエミッション東京」の実現に向けて、都内の中小企業等の脱炭素化に向けた様々な取組を進めている。近年、原料の調達から製造、配送、販売といったサプライチェーン全体での脱炭素化への取組が企業に求められている。このため、グループで一体的に脱炭素化に取り組む中小企業に対し、CO2排出量の見える化やCO2排出量削減等の取組を支援する「中小企業のサプライチェーンにおける脱炭素化促進支援事業」を新たに開始するもの。

支援対象者はハンズオン支援(中小企業者が主体となって課題解決に取り組んみサポートを行う事業)で、助成金はハンズオン支援を受け、CO2排出量削減計画の策定が完了した者。

支援概要はハンズオン支援では、「CO2排出量削減計画の策定」、「脱炭素推進人材育成」、「サプライチェーン発展のための実行支援」、「効果測定(地球温暖化対策報告書の作成を含む)」、「展示会出展等での取組発信」、「大企業とのマッチング支援(※代表企業のみ対象)」。

助成金はハンズオン支援で策定したCO2排出量削減計画に基づいて実施するCO2排出量の可視化及び削減等に向けた取組に係る経費の一部を助成する。

支援期間は支援決定日から2026年3月31日まで(予定)。

■募集要項/申請書様式等
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/supply_chain/

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース