LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





アイリスオーヤマ/鳥栖工場稼働、アジア圏への輸出拠点に

2024年07月09日/生産

アイリスオーヤマは7月9日、佐賀県の鳥栖工場でパックごはんと炭酸水の本格生産を開始した。同工場は西日本における食品の生産・物流拠点、ASEAN含むアジア圏への輸出拠点となる。

<鳥栖工場>
0709airisuooyama1 - アイリスオーヤマ/鳥栖工場稼働、アジア圏への輸出拠点に

同社は2013年に精米事業に、2015年からパックごはん事業に参入し、2017年には宮城県の角田工場で自社生産を開始した。鳥栖工場での生産ラインを加えると、国産約140万食の生産能力となる見込み。

<パックごはん(左)と新ブランドの炭酸水を生産>
0709airisuooyama2 - アイリスオーヤマ/鳥栖工場稼働、アジア圏への輸出拠点に

また、飲料水事業には2021年から参入。静岡県内に2か所の生産・供給拠点を持ち今回3拠点目の開設により、炭酸水は国内3工場で計4ライン、1時間当たりの生産能力は約9万4000本に上る。今後、さらなる増設を計画しているという。

日本の食品輸出額は伸長しており、財務省・農水省の統計によると、パックごはんは2023年には2019年比で約4倍の10億円、清涼飲料水は2023年には2013年比で約4.3倍の536.7億円となり、海外での需要が高まっている。

同社は鳥栖工場にパックごはんの設備を導入し、ASEAN含むアジア圏への食品の輸出拠点と位置付けている。2030年のパックごはんと飲料水の輸出額はそれぞれ、30億円と50億円を見込む。

さらに今後、国内7拠点の食品工場の生産設備増設により生産体制を増強する計画で、生産拠点の増設も視野に入れ、2030年には食品事業で1000億円、うち輸出額100億円の売上を目指している。

■工場概要
住所:佐賀県鳥栖市西新町1375-26
竣工:1990年4月 (国内3番目)
品目:プラスチック製品・LED照明、精米・パックごはん・飲料水
敷地面積:15万9751m2
延床面積:11万2753m2
自動倉庫パレット数:6万4816枚

関連記事

生産に関する最新ニュース

最新ニュース