セイノー情報サービス/米トレーサビリティ法対応セミナー、東名阪で開催

2011年07月11日 

セイノー情報サービスは7月14日(東京)、26日(名古屋)、27日(大阪)で「米トレーサビリティの対応と今後の制度の展望」をテーマにセミナーを開催する。

大手小売が本格的に導入を始める流通BMSによる商流情報のEDI化とメーカーによる製造・物流のトレース情報を連携させるためのITを紹介する。

■開催概要
<東京会場>
日時:7月14日(受付開始13:00~)
会場:日本IBM本社(箱崎)
定員:100名

<名古屋会場>
日時:7月26日(受付開始13:00~)
会場:日本IBM名古屋事業所
定員:60名

<大阪会場>
日時:7月27日(受付開始13:00~)
会場:日本IBM大阪事業所
定員:40名

参加費:無料(事前申込み制)

詳細と申込みは下記アドレスを参照
http://www.seino.co.jp/sis/seminar/11ton07/?cid=sis-top-event-news

■プログラム
13:30~ 開会挨拶

13:40~15:00
米トレーサビリティ法への対応と今後の制度の展望
食品需給研究センター

15:10~16:10
流通BMS2011、今!
データ・アプリケーション

16:10~17:00
加工食品メーカーへのバリューチェーンサービス事例紹介
セイノー情報サービス

問い合わせ
セイノー情報サービス
セミナー事務局
TEL:0584-77-2327
seminar@sis.seino.co.jp
http://www.seino.co.jp/sis/

最新ニュース

物流用語集