SBSロジコム/島忠の3PL業務を受託

2013年07月01日 

SBSロジコムは7月1日、島忠のホームセンター商品の3PL業務を受託、6月上旬から本格稼動したと発表した。

<新規導入した入庫7列/出庫28列のソーター>
20130701sbs2 - SBSロジコム/島忠の3PL業務を受託

SBSロジコムは、野田物流センター内に大型ソーターを設置した専用TCを開設し、1日あたり平均2万ケース・4t車120台の商品を120名体制で全国49店舗に配送する。

島忠では、各ベンダーが直接店舗に納品するケースが多く、店舗バースの納品渋滞が恒常化し、入荷の集中や偏りによって検品などの店舗側作業にも大きな負荷がかかっており、物流の効率化が大きな課題となっていた。

<島忠HOME’S葛西店>
20130701sbs11 - SBSロジコム/島忠の3PL業務を受託

SBSロジコムでは、約200社のベンダーと協議し、約半数を野田TC納品に変更することで配送効率の向上や入荷の平準化を図り、店舗負荷の軽減を実現した。

さらに主要ベンダーはSBSロジコムが集荷する方式に切り換え、輸送コストを低減した。

情報システムでは、日用雑貨商品の管理に定評のある自社開発のWMSを導入したほか、店舗到着時間や商品などをリアルタイムに照会できるウェブシステムを独自開発し、入荷時間の確認や検品作業の準備など店舗担当者を支援する仕組みを提供している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集