ロジザード/ロジザードZEROとの連携パートナー募集

ロジザードは5月19日、主力サービス「ロジザードZERO」との連携アプリケーションの開発・販売パートナーの募集を開始すると発表した。

<説明する金澤社長>
20150519logizard 500x306 - ロジザード/ロジザードZEROとの連携パートナー募集

「ロジザードZERO」は2012年秋にサービスを開始したクラウドWMS(倉庫管理システム)。募集するアプリケーションパートナーはロジザードZEROのAPI(アプリケーションプログラムインターフェイスの略語)を経由してデータを送受信可能とするもの。

マテハン機器、伝票・ラベル発行、運行管理など物流業務に関するアプリケーションを想定している。

ロジザードの金澤茂則社長は、「ロジザードは基本的に倉庫管理業務システムには豊富な実績があるが、それ以外の物流関係では、他に優れた企業がたくさんある。ロジザードZEROにAPIを装備したことから、さまざまなアプリケーションと連携が可能となった。パートナーについては、既に4社ほどと話を進めているが、さらに多くの企業とパートナーとしてのつながりを持ちたい。今年度中に8社程度のパートナーを目標にしている。売上金額目標は、パートナーとの内容がまだ分からないので想定していない」と話した。

パートナー企業にはピッキングや仕分けシステムなどの「物流現場の自動化・省力化に貢献できる製品を持つ企業」とRFIDやウェアラブル技術などの「物流現場に貢献できる技術・サービスを持つ企業」の2つのタイプを想定している。

問い合わせ
ロジザード
アプリケーションパートナー事務局
担当:安部
TEL:03-4590-8101

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集