国交省/「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方」を取りまとめ

2019年04月04日 
関連キーワード:

国土交通省は4月4日、トラック運送業界で更なる活躍が期待される女性・高齢ドライバーが安心して働くことができるよう、女性・高齢ドライバーが運転しやすいトラックのあり方を取りまとめた。

<最新のトラックにおいて高評価された点の例>
20190404kokkosyo1 500x167 - 国交省/「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方」を取りまとめ

概要では、とりまとめのポイントとして、最新のトラックについては、運送事業者、女性・高齢ドライバーから高評価された点を例を挙げて説明。一方、多様なニーズに対応するオプションについては、運送事業者側に十分知られておらず、情報の共有化が必要としている。

運送事業者、女性・高齢ドライバーからは更なる改善の要望があり、要望に配慮された車両・架装の開発・普及が望まれる。定期的に国土交通省、業界団体、メーカー等が意見交換を行い、運転しやすいトラックの普及を図ることが必要、としている。

なお、トラック運送事業が、日本の産業活動や国民生活の基盤を支える重要な産業なのに、トラックドライバーの有効求人倍率は3.03倍(2019年1月時点で全産業平均の約2倍)と、他の産業に比べ人手不足が深刻な状況にある。将来の担い手の確保や現在勤務しているドライバーが引き続き働きやすい環境を維持することが、日本での物流サービスの継続的な提供に資することとなるため、女性等を始めとする多様な人材の確保のための環境整備は必要不可欠。

そこで、国土交通省及び全日本トラック協会は、女性をはじめとする多様な人材の確保、現在働いているドライバーの年齢が上がっても働きやすい環境の整備を目的として、2018年3月に学識経験者、運送事業者、関係業界団体等の関係者から構成される「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方検討会」を設置し、女性・高齢ドライバーが運転しやすいトラックのあり方について検討を進めてきた。

この検討会での議論を踏まえ、トラック運送業界でさらなる活躍が期待される女性・高齢ドライバーが安心して働くことができるよう、「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方」について取りまとめたもの。

国土交通省及び全日本トラック協会では、多様な人材が働きやすい環境の整備に資するよう、この取りまとめについて、車両メーカー、架装メーカー、運送事業者等に周知を図っていくとしている。

■女性・高齢ドライバーが運転しやすいトラックのあり方取りまとめ
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk4_000037.html

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集