ヤマハ、ティアフォー/構内搬送自動化の合弁会社設立

2020年03月27日 

ヤマハ発動機とティアフォーは3月27日、工場敷地内などのモノの自動搬送ソリューション事業を行う合弁会社「eve autonomy(イヴオートノミー)」を設立し、4月から稼働すると発表した。

<無人で工場搬送をする自動搬送車両>

 

eve autonomyは、ティアフォーが開発を主導するオープンソースの自動運転OS「Autoware」の技術と、ヤマハ発動機の車体開発技術を掛け合わせることで、誰にでも扱いやすい自動搬送ソリューション開発を推進。

また、工場内物流の需要変動にも対応できるよう、初期費用を抑えることが可能なサブスクリプション型のサービス開発・アフターサポートの提供も目指す。

工場の物流現場は、多品種少量生産ニーズの高まりと慢性的人手不足によって、作業員配置を前提とした従来型の設備・運用では、需要に合わせた効率的な生産体制の維持が困難となっている。

この課題に対して、ヤマハ発動機とティアフォーは、ヤマハ発動機浜北工場で自動搬送ソリューションのパイロット製品の共同開発に取り組み、IoT技術を駆使したスマートファクトリー化を目指し、3月から工場内物流ラインでの実運用に着手した。

今後は、eve autonomyがこの事業を承継し、ヤマハ発動機の国内外の製造工場を手始めに自動搬送ソリューションの導入をスピーディーに推進。実運用を通した課題の洗い出し・改善によって、機能水準を向上させた信頼性の高い自動搬送ソリューションの完成を目指す。

ヤマハ発動機の島本 誠モビリティ技術本部長は「目指すのは省力化・自律化による効率的な生産プロセスの提供。ヤマハが培ったハードウェアの技術と信頼性に、ティアフォーのスピードと最先端のテクノロジーを融合させ、従来に無い価値創造ができると期待している」とコメントした。

■eve autonomyの会社概要
本社所在地:静岡県袋井市久能3001-10
資本金:8億円(資本準備金含む)
事業内容:自動運転車両、搬送台車の開発・販売・リース・レンタル、自動搬送ソリューション提供、各種サポート、保守メンテナンスサービス等

最新ニュース

物流用語集