セブン‐イレブン/栃木県で燃料電池トラックの配送実験開始

2020年04月02日 

セブン‐イレブン・ジャパンは4月1日、栃木県内の一部エリアでFC(燃料電池)小型トラックによる配送実証実験を行うと発表した。

<FC小型トラックが配備されたチルド米飯佐野センター>

<チルド米飯佐野センターに併設の水素ステーション>

北関東エリアの配送業務委託先である丸伊運輸が、栃木市内で日本初の水素ステーション併設型配送センター「チルド米飯佐野センター」を稼働したことに合わせ、2019年春から都内で行っていたFC小型トラックの実証実験を、栃木県でも実施する。

実証実験エリアを拡大することで、都内とは異なる気象条件や道路条件で走行テストを行い、将来的な配送に伴うCO2の削減を目指す狙い。

使用車両はトヨタ自動車製で、約200kmを走行可能。「MIRAI」のFCユニットを搭載し、走行中にCO2などの環境負荷物質を排出しないほか、FCユニットで発電した電気を動力や冷蔵ユニットの電源として使用することが可能だ。

■FC小型トラックの仕様
全長:6185mm
全幅:2180mm
全高:2970mm
最高出力:114kW/155PS
水素貯蔵量:7kg(3本)
走行距離:約200km

■丸伊運輸のチルド米飯佐野センター、とちぎ水素ステーションの概要
所在地:栃木市藤岡町大和田字西新井1213-1
敷地面積:(チルド米飯共配センター)3万9000m2
(水素ステーション)3328m2
水素供給:液化水素オフサイト供給
供給能力:燃料電池自動車で300Nm3/h(MIRAI5台分相当)
充填圧力:82MPa(約820気圧)
設備構成:液化水素貯槽、水素圧縮機、蓄圧機、ディスペンサーなど

最新ニュース

物流用語集