日本郵船/仏電力会社向けLNG運搬船が竣工

2020年05月18日 

日本郵船は5月18日、フランスの電力会社EDFのLNG輸送を担うEDF LNG Shipping SAS向けの新造LNG運搬船「ELISA LARUS(エリサ・ラルス)」が、韓国の現代三湖重工業で5月15日に竣工したと発表した。

<ELISA LARUS>

ELISA LARUSは、EDF LNG Shipping SASと締結している長期定期用船契約の1番船で、最長20年間のLNG輸送に従事する。

燃料油とボイルオフガス(航行中に気化してしまう天然ガス)を利用する二元燃料低速ディーゼル機関を搭載していることに加え、優れた防熱材の使用でカーゴタンクのボイルオフ率を低レベルに抑制可能な「GTT Mark III Flex cargo containment system」と呼ばれるタンク方式を採用。

また、フランス船級協会(BV)から、船上の船陸間通信機器のサイバーセキュリティが確保されていることを書類審査、リスクアセスメント・ワークショップ、船上検査を通じて認証し、付与する船級符号「SYS-COM Notation」を、LNG船として世界で初めて取得している。

■主要目
全長:297.23m
全幅:46.40m
総トン数:11万8286トン
主機関:X-DF
積載容量:17万4000m3
造船所:現代三湖重工業(韓国)
船籍:フランス

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集