東芝/世界最高精度の自動車動作予測AI、2023年度実用化へ

2020年06月03日 

東芝は6月3日、世界最高精度で自動車やドローンなどの動きを予測するAIを開発したと発表した。

開発したAIは、車載カメラと、動きを検知する慣性センサ(加速度センサ、角速度センサ)を用いて自車両の動きを高精度に推定する「自車両の動き推定AI」と、様々な交通シーンで周辺車両の将来の動きを予測する「他車両の動き予測AI」の2つ。

「自車両の動き推定AI」は、車両の動きに応じて画像(カメラ)、加速度センサ、角速度センサごとのデータの有用性を各時刻で判定し、変化がある有効なセンサだけを適宜組み合わせて車両の動きを推定することで、加減速が比較的少ない自動車から加減速の大きいドローンまで、さまざまな動きに対応することができる。

「他車両の動き予測AI」は、道路形状などを一般化した幾何学的な特徴をディープラーニングで学習し、実際の道路形状に依存しないAIを実現。車線ごとの動きの予測と、将来走行する可能性が高い車線の予測の2段階構成となっており、さまざまな道路形状に対応した高精度な予測を可能にする。

<今回開発したAIと従来技術の比較>

2つのAIは、公開データを用いた実験で、推定誤差(推定結果と実距離の差の絶対値の平均)をそれぞれ従来技術比で40%削減し、両AI技術において世界最高精度を達成している。

東芝は、今回開発した技術について公道など実際の環境で評価を行い、2023年度の実用化を目指すとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集