大崎/東京都立川市と神奈川県厚木市に新物流センター開設

2020年06月04日 

大崎は6月3日、東京都立川市と神奈川県厚木市に、それぞれ新規の物流センターを開設すると発表した。

<立川物流センター>

<厚木物流センター>

7月に開設予定の立川物流センターは、JR立川駅や多摩都市モノレール立飛駅から至近で、中央自動車道「国立府中IC」から6.5kmの立地。中重量物の取り扱いにも対応できるよう、天井クレーン(2.8t)の導入を予定している。

また、11月開設予定の厚木物流センターは、圏央道「圏央厚木IC」から1.5km、東名高速道路「厚木IC」から11kmの立地で、精密機器や電子部品類などの取り扱いにも対応できるよう、全館に空調設備を導入している。

両センターでは、物流センター・3PL拠点としての対応に加えて、梱包・開梱、輸送、搬入設置・移転、流通加工・キッティングなどにも対応する。

両センターの開設で大崎の物流センターは計38棟、総延床面積13万m2に拡大。新型コロナウイルス終息後の3PLのさらなる成長と、荷主による物流施設ニーズの多様化に対応する。

■新規物流センターの概要
「立川物流センター」
所在地:東京都立川市泉町935
面積:9211m2
設備:2.8t天井クレーン設置
開設:7月(予定)

「厚木物流センター」
所在地:神奈川県厚木市金田118-1
面積:4958m2
設備:全フロア空調完備
開設:11月(予定)

最新ニュース

物流用語集