ロジレス/日立物流とECプラットフォームセンター連携

2020年07月14日 

ロジレスは7月14日、日立物流とECプラットフォームセンター(スマートウエアハウス)での連携を開始したと発表した。

<ロジレスと日立物流の連携フロー>
ロジレスと日立物流の連携フロー

ロジレスは、 EC事業者と物流倉庫を連携する物流代行システム「LOGILESS」を提供している。LOGILESSを使うことで、EC事業者は、受注処理・在庫管理・出荷作業などの物流業務をアウトソースし、自動出荷することが可能だが、実際の物理的な業務は物流倉庫が行っている。今回、LOGILESSと日立物流 ECプラットフォームセンターとの連携により、業種問わず多くのEC事業者にとって、 実際の庫内作業も自動化されている物流倉庫が利用できるようになったもの。

既に、LOGILESSと日立物流 ECプラットフォームセンターの連携を活用し、自動出荷を開始しているEC事業者もあり、今後も利用者の拡大を進めていく予定だ。

なお、LOGILESSは自動出荷を実現させるためのサービス。利用することで、ネットショップからの注文情報はシステムに自動で取り込まれ、出荷情報として倉庫に共有され、倉庫へ指示を出すことなく商品が顧客のもとへ出荷される。EC事業者の反復業務である、受注業務・出荷業務・在庫管理の自動化が進み、 売上拡大のために貴重なリソースをかけられるようになる。

一方、日立物流は、EC物流に特化した物流センターを埼玉県春日部市で運営している。EC事業の物流業務に必要な「アセット(自動化・省人化設備)」「システム(情報システム)」「スペース(保管・作業スペース)」「マンパワー(管理者・作業者)」という4つの機能を、複数のEC事業者でシェアリングできる物流センター。

ピッキングから検品、梱包、出荷までの物流オペレーションの70%以上を自動化し、繁閑の激しいEC出荷に対応。また、これらのサービスを従量課金型のシンプルな料金体系で提供することで個別投資や固定費を抑え、EC事業者の小規模スタートや拠点の拡大に貢献する。

最新ニュース

物流用語集