流通経済研究所/卸売流通動向講座(食料品卸編・日用品卸編)

2020年07月14日 

流通経済研究所は、8月27日に「卸売流通動向講座-食料品卸編-」を、9月17日に「卸売流通動向講座-日用品卸編-」を、それぞれ開催する。

両講座では、卸売流通の基本的な見方や、卸売業の特徴と各社の取組比較のほか、食料品と日用品の各主要卸売業各社の動向、卸売業の今後の方向性について説明する。

講座は、ZoomによるWeb配信(ライブ) でも受講が可能。

■講座内容
1.卸売流通の基本的な見方
(1)卸売業の定義と分類
(2)卸売流通の特徴
(3)卸売業の機能
(4)卸売業を取り巻く環境変化による影響

2.卸売業の特徴と各社の取組比較
(1)卸売業の多段階性の変化
(2)卸売業の上位集中度の変化
(3)卸売業の財務・在庫水準の変化
(4)卸売業の取扱品目の変化
(5)卸売業各社の取組比較

3.主要卸売業各社の動向
【対象企業】
※取り上げる企業は「食料品卸編」と「日用品卸編」で異なる。
●食料品卸編
三菱食品、日本アクセス、国分グループ本社、加藤産業、三井食品、伊藤忠食品
●日用品卸編
PALTAC、あらた、CBグループマネジメント(中央物産)、アルフレッサヘルスケア、大木ヘルスケアホールディングス、エコートレーディング

【整理する項目】
(1)企業概要
(2)沿革(事業背景)
(3)財務状況(売上高、コスト、利益等)
(4)経営戦略・組織構造
(5)マーチャンダイジング機能
(6)ロジスティクス機能
(7)ファイナンス機能
(8)トータル・マネジメント機能(情報提供等)
(9)その他事業・新事業(ネット通販、海外展開等)

4.本日のまとめ、卸売業の今後の方向性
注)都合により、内容・報告順序に変更が生じる場合がある。

■開催概要
日時:「食料品卸編」8月27日(木)13:30~17:30
「日用品卸編」9月17日(木)13:30~17:30
場所:流通経済研究所会 セミナールーム1(東京都千代田区、市ヶ谷駅下車)※Web配信(ライブ)による受講が可能
参加対象:メーカー、卸売業、小売業、物流関連事業者、情報システム関連事業者など
講師:流通経済研究所 客員研究員/関東学院大学 経営学部専任講師 木島 豊希
受講料:30,000円(税抜)/1名

■詳細・申込
「食料品卸編」
https://www.dei.or.jp/school/kouza_wholesale_f

「日用品卸編」
https://www.dei.or.jp/school/kouza_wholesale_n

■問い合わせ
流通経済研究所「卸売流通動向講座」事務局
担当:中田、黒沢
TEL:03-5213-4531(代表)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集