KDDI、JAL等/都内湾岸エリアで医薬品ドローン配送の実証実験

2020年08月31日 

KDDI、日本航空(JAL)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ウェザーニューズ、Terra Droneの5社は8月31日、都内の湾岸エリアや都心の駅周辺で医薬品のドローン配送等、ドローンを活用したビジネスモデルの実証実験を実施すると発表した。

<プロジェクトイメージ図>

5社は、東京都が公募した「ドローンを活用した物流サービス等のビジネスモデル構築に関するプロジェクト」に対して、「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装~ドローンを活用したまちづくり~」を提案し、同案が採択された。

プロジェクト期間は2020年8月から2022年3月まで。アフターコロナの物流変革を見据え、薬局や病院などに対する医薬品のドローン配送や、駅周辺施設のフードデリバリーおよび警備など、ドローンサービスに関するビジネスモデルを検討するとともに、2021年度に東京都内で実証実験を行い、運用の課題や収益性などを検証する。

医薬品のドローン配送では、メディセオと聖路加国際病院の協力を得て、緊急時や災害時の輸送手段として両者の拠点間輸送にドローンを実装。ドローンによる即時輸送や非接触による医薬品配送により、医療技術や公衆衛生向上に寄与する。

また、駅周辺施設では、飲食店から周辺オフィスなどへドローンを活用したデリバリーサービスの実証を検討するほか、駅周辺施設の巡回警備などでのドローン活用の実証を検討する。

■各社の役割
KDDI:プロジェクト全体取りまとめ、4G LTEを活用したスマートドローン プラットフォームの提供
日本航空:安全管理、ドローン物流モデルのフィージビリティ評価、医薬品配送のビジネスモデル構築
東日本旅客鉄道:駅前およびその周辺施設におけるロケーションの提供、フードデリバリーサービスのビジネスモデル構築、巡回警備などにおけるドローン活用の検討
ウェザーニューズ:高精度気象予測情報・気象観測装置の提供、有人ヘリとの連携
Terra Drone:有人航空管制連携を含めた航空管制プラットフォームの提供

最新ニュース

物流用語集