名鉄運輸/大阪市西淀川区の新トラックターミナル稼働

2020年09月24日 

名鉄運輸は9月23日、大阪市西淀川区で工事を進めていた「名鉄トラックターミナル関西」を完成し、営業を開始した。

<外観>
名鉄トラックターミナル関西

<周辺図>
名鉄トラックターミナル関西

名鉄トラックターミナル関西には、大阪支社と淀川支店が移転したほか、名鉄ゴールデン航空、関西名鉄運輸のグループ2社も入居し、混載、航空、貸切、流通保管などさまざまな輸送ニーズに応える。

プラットホームと倉庫スペースは従来の2.3倍に拡大しており、西日本地区のグループ主要ターミナルとして積極的な営業展開を図り、関西圏の配送と全国への輸送拠点として位置づけ、高品質な輸送サービスを展開していく。

■施設概要
所在地:大阪市西淀川区竹島1-1-12
敷地面積:2万465m2
床面積:1階・荷捌きホーム4900m2
2階・倉庫3458m2
屋上・駐車場6100m2(中型・小型トラック67台、乗用車90台)
その他施設:事務所棟(事務所、会議室、休憩室、仮眠室など)、給油施設、自動車検査場
配達エリア:大阪府(大阪市中央区、西区、西淀川区、東淀川区、福島区、淀川区、豊中市)
兵庫県(尼崎市、西宮市(鳴尾浜、西宮浜))

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集