日立物流・SGHD/資本提携内容を変更、経営統合は見送り

2020年09月24日 

日立物流は9月24日、SGホールディングス及び佐川急便との資本提携について、内容を一部変更すると発表した。

2016年3月30日に締結した資本業務提携契約に伴い相互保有している株式について、日立物流が保有する佐川急便株式の全てをSGホールディングスに譲渡。一方で、SGホールディングスが保有する日立物流の株式については、3234万9700株(発行済株式総数比29.0%)のうち2767万5000株(同24.8%)を日立物流が実施する自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)における自己株式取得に応募する形で譲渡する。両社による株式の譲渡は、9月29日付で行われる予定。

これにより、両社の株式持分比率が変更となることから、経営統合に向けた協議の検討は当面の間見送ることとなった。

今回の資本提携内容の変更は、コロナ禍でのEC市場拡大や、グローバルサプライチェーンの維持・最適化といった物流業界が抱える課題に対する対応の強化を図る観点から実施を決定したもの。株式持分比率を引き下げ、互いに迅速な経営ができる資本関係を構築し、それぞれが独自の成長戦略を推進することが企業価値の最大化に寄与すると判断した。

なお、両社間で行っている業務提携については、お互いの顧客基盤を活用した営業面での連携や、車両・施設等の相互活用などの協創・協業に取り組むことでシナジーを発揮していることから、資本提携内容の変更後も協業を推進し、事業の成長を目指すとしている。

最新ニュース

物流用語集