フレクト/Cariotに新機能、配送訪問先を自動で記録

2020年10月01日 

フレクトは10月1日、モビリティ業務最適化クラウド「Cariot(キャリオット)」に、配送業務や営業活動での訪問記録を自動登録できる「訪問自動記録機能」を追加した。

従来、訪問時の記録を残すためには、取引先の登録に加え、訪問順序とその訪問をする車両の登録・紐付けが必要だった。「訪問自動記録機能」では、事前に記録を残したい取引先を登録しておくことだけで、滞在の状態を自動的に判断し、取引先と滞在時間を紐付けて記録することができる。

<Cariotモバイルアプリによる通知画面>
訪問自動記録機能

Cariotモバイルアプリを利用する場合は、滞在を判断するとドライバーにチェックインの確認通知がされ、実際に訪問したのかどうかを選択することができる。商業ビルのように同一敷地内に複数の取引先が存在する場合も同様に、滞在を判断するとドライバーにチェックインの確認通知がされ、実際にどの取引先に訪問したのかを選択することができる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集