ラサール/2050年までに不動産のCO2排出量ゼロへ

2020年10月26日 

米国・ラサール インベストメント マネージメント インクは10月19日、グローバルで管理運用する資産ポートフォリオの運用時のCO2排出量を2050年までに実質ゼロにすることを目指した「Building Performance Net Zero Carbon(建築物パフォーマンスに関するネット・ゼロ・カーボン:NZC)目標」に取り組むと発表した。

NZCは、米国の不動産に関する研究機関であるULI(Urban Land Institute)が掲げている目標。エネルギー効率の大幅な改善や建築現場における再生可能エネルギーの活用、環境に優しい商用電源と建物の電化、建築現場以外での再生可能エネルギーの活用、再生可能エネルギー・クレジットの取得、カーボン・オフセットを通じて、ポートフォリオ全体の二酸化炭素削減を推進し、建築環境の気候変動への影響を低減することをゴールとしている。

ラサールは、2017年に投資戦略に環境変化要素を取り入れたほか、2018年からは国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)に加入し、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)のパイロットプロジェクトに参加し、不動産業界に関する気候変動リスクの評価報告のあり方について検討を重ねるなど、10年以上にわたり資産ポートフォリオ全体のサステナビリティ向上に取り組んでおり、他の重要なサステナビリティ目標とともにNZCを達成するためのグローバルな二酸化炭素削減戦略を作成した。

NZC目標に取り組むことに対して、ラサール インベストメント マネージメント インクジェフ・ジェイコブソンCEOは「ラサールは、ESG投資のベストプラクティスを導入することで、顧客の投資パフォーマンスを高めるとともに、私たちが暮らし、働き、接するコミュニティのより良い環境を目指していく。NZC目標に取り組むULIがリードする取り組み、『グリーンプリント・センター・フォー・ビルディング・パフォーマンス』に賛同していることを誇りとし、この業界目標の実現に取り組み、前向きで力強い変化が訪れることを期待している」とコメントした。

最新ニュース

物流用語集