鈴江コーポ/カタール大手コンテナ船社と国際物流で協業

2020年12月01日 

鈴江コーポレーションは12月1日、カタールの大手コンテナ船社Milahaと11月2日付でMOU(了解覚書)を締結し、国際物流事業での協業に基本合意したと発表した。

<Milahaのコンテナ船>
Milaha

Milahaはカタール初の上場企業を親会社に持ち首都ドーハに本社を置く船舶運航業、物流倉庫業、ターミナルの運営を主とする総合物流企業。中東でフルコンテナ船、バルク船、フラットトップバージ(台船)、タグボートを扱う数少ない企業で、ハマド港を運営するQTerminalsの株主として、同商業港の管理を行っている。

今後は、両社のネットワークを生かした国際物流の発展と、情報交換、人事交流等の連携によって、相互的なビジネスチャンスを拡大していく方針。

カタールは、世界最大級のLNG輸出国で世界生産量は第4位。日本は全体の約21%を占める最大の輸出相手国となっており、原油(石油)生産量も世界第14位となっている。1人あたりGDPは世界トップクラスで、中東地域で突出。2022年のFIFAワールドカップをはじめ大型国際スポーツイベント開催が相次いで予定されており、経済とインフラの両面で著しい成長が期待されている。

最新ニュース

物流用語集