オープンロジ/シェア買いアプリ「KAUCHE」の物流パートナーに

2021年01月07日 

オープンロジは1月7日、X Asia(エックスアジア)が2020年9月からサービスの提供を開始したシェア買いアプリ「KAUCHE(カウシェ)」の物流パートナーに選ばれたと発表した。

オープンロジは、独自の倉庫管理システムを通じて提携倉庫をネットワーク化し、標準化した仕様とオペレーションにより物流業務の効率化と一元化を実現し、固定費ゼロ・従量課金で利用可能な物流フルフィルメントサービスを提供している。「KAUCHE」では2020年12月末から入出庫作業を開始している。

「カウシェ」を提供するX Asiaは、当初の想定以上に利用者が伸び、今後の規模拡大を見据え、物流パートナーとしてオープンロジを利用することを決定した。

主な利用の理由は「Shopifyと連携でき、商品、入荷、出荷の自動連携が可能であること」「Shopifyの連携実績が豊富で、自社のニーズにあった連携が可能であること」「機動的に倉庫の立ち上げができ、荷物の急激な増加に応じたキャパシティの柔軟な拡張性」を挙げている。

今後、オープンロジは「カウシェ」で、より多くの事業者が幅広い商品の販売を行い、多くのユーザーがコミニケーションを楽しみながら他のユーザーと安心して共同購入できるように、物流面からサポートしていくとしている。

なお、「カウシェ」は、ショッピングの醍醐味ともいえる「この商品、よくない?」「一緒に買おうよ!」といったコミュニケーションを、オンラインで実現するショッピングアプリ。商品を選び、割引価格での購入を決定後、その情報をSNSでシェアする。友人や家族など、1人以上が同商品の購入を決めると「シェア買い」が成立し、参考価格の最大70%引きの値段でお得に商品を手に入れることができる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集