近鉄エクスプレス/KWE中国が上海保税区域設立30周年で表彰

2021年01月07日 

近鉄エクスプレス(KWE)は1月7日、中国現地法人KWE中国とSKLが昨年12月9日に中国(上海)自由貿易試験区管理委員会と上海外高橋集団主催の上海保税区域30周年記念式典で、「30年卓越貢献企業」として表彰されたと発表した。

<授賞式の様子>
20210107kwe1 520x345 - 近鉄エクスプレス/KWE中国が上海保税区域設立30周年で表彰

<KWE 中国 平沼董事長>
20210107kwe2 520x391 - 近鉄エクスプレス/KWE中国が上海保税区域設立30周年で表彰

<SKL 加藤董事長(左)/Liu Fang 董事総経理>
20210107kwe3 520x379 - 近鉄エクスプレス/KWE中国が上海保税区域設立30周年で表彰

これは世界各国にてビジネス活動を行っているグローバル企業の50社が「30年卓越貢献企業」として選定され、同社グループからは KWE中国とSKL の2社が表彰された。KWE中国は浦東総合保税区において、SKLは外高橋保税区と物流園区において、各保税区域の設立当初から半導体・電子機器・自動車部品・ヘルスケア関連品等の保税物流を取扱っており、その規模と事業内容の先進性が評価されての受賞となった。

この他、「30年傑出貢献企業家」(30名が受賞)として KWE中国の平沼浩董事長とSKLの Liu Fang 董事総経理が表彰され、また「2019年度100強経済貢献企業」の輸出入部門(35社が受賞)においてもKWE中国とSKLが受賞となった。

なお、上海の保税区域は1990年の外高橋保税区設立以来、昨年で30周年を迎えた。2013年に外高橋保税区、外高橋物流園区、浦東総合保税区、洋山保税港区等、合計約30㎞2が統合し、「中国(上海)自由貿易試験区」に名称と保税機能が改められ、現在数万社がこれら保税区域で事業活動を行っている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集