LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

米国日通/アラバマ州に2万m2のロジスティクスセンター竣工

2021年02月03日/物流施設

米国日本通運は2月3日、アラバマ州ハンツビル市に「ハンツビルロジスティクスセンター」を竣工したと発表した。

<新倉庫外観>
20210203nittsuusa1 520x390 - 米国日通/アラバマ州に2万m2のロジスティクスセンター竣工

<倉庫内観>
20210203nittsuusa2 520x390 - 米国日通/アラバマ州に2万m2のロジスティクスセンター竣工

同センターは、アラバマ州ハンツビルにおいて、2021年度から完成車の生産を本格稼働する予定のマツダとトヨタ自動車の合弁会社 Mazda Toyota Manufacturing,U.S.A., Inc.(MTMUS)で製造されるマツダモデルの自動車部品のDC(ディストリビューションセンター)業務を担い、MTMUSの生産と同期したサービスを提供するとともに、主たる物流パートナーとしての地位確立を目指す。

また、この新拠点竣工を筆頭に、米国南東部での部材サプライヤー関連の各種事業やセットメーカーの取り扱いのほか、自動車産業に限らず新規開拓を行い、同社グループの事業基盤の強化を推進する。

なお、北米での自動車生産は、米国中西部に最も集積しているが、近年、メキシコへのセットメーカーの進出や工場の拡張、大規模増産などによる生産台数の伸長が著しく、地理的に近隣であるアラバマ州を含む米国南東部も自動車の生産台数が拡大している。

■拠点概要
名称:米国日本通運 ハンツビルロジスティクスセンター
(NIPPON EXPRESS USA, INC. HUNTSVILLE LOGISTICS CENTER)
住所:9000 Greenbrier Parkway NW, #780, Madison, Alabama 35756
構造:鉄筋コンクリート造、平屋建て
敷地面積:5万9085m2
延床面積:2万543m2
(内訳)
倉庫面積:1万9513m2
事務所:1030m2
主要設備:MTMUS のオペレーションに同期する自動車部品用台車および電動けん引車、シューターラック等
営業開始日:2021年2月1日

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース