KIC/埼玉県春日部市に2.1万m2の物流施設を竣工

2021年02月26日 

KICアセット・マネジメントは2月26日、埼玉県春日部市で開発を進めていた「春日部ディストリビューションセンター」を竣工した。

<ドローン撮影の春日部DC外観 前の通りが国道16号線>
20210226kic1 520x293 - KIC/埼玉県春日部市に2.1万m2の物流施設を竣工

<地上からの春日部DC外観>
20210226kic2 520x327 - KIC/埼玉県春日部市に2.1万m2の物流施設を竣工

<1階エントランス入り口付近>
20210226kic3 520x347 - KIC/埼玉県春日部市に2.1万m2の物流施設を竣工

<1階バース付近は2階の構造もあり、雨天でも作業ができる>
20210226kic4 520x347 - KIC/埼玉県春日部市に2.1万m2の物流施設を竣工

国道16号線と県道321号線に接道し、国道4号線と16号線が交差する場所に東埼玉高速道路の「庄和IC」ができ、首都高速道路にもつながる予定だ。「庄和IC」からは700mの距離だ。また、東北自動車道「岩槻IC」から11㎞、圏央道「五霞IC」から12㎞に位置。建物自体は3方向から入出できる構造としている。

半径500m圏内には複数の大型商業施設があり、春日部市の住宅地に近接しているため雇用確保にも有利な立地だ。

<峯田勝之会長兼社長>
20210226kic5 520x365 - KIC/埼玉県春日部市に2.1万m2の物流施設を竣工

同社の峯田勝之会長兼社長は「無事に竣工してほっとしている。2018年に物流適地を探していたところ、あるご縁でこの土地を取得できた。これまで6件の開発を進めてきたが、そのうちの3件はBTS型。今後5年くらいで、3万m2以上の大型物流施設3棟を含む14物件の開発を計画中だ。不易流行という言葉があるが、今後もテナント企業の便利さと実際に役立つ機能等を基本にした本質的な物流施設としての開発を進めていくつもりだ」と述べた。

すでに複数の企業とテナントの交渉をしているが、「テナントは最大で2社まで対応可能。元々農地だった市街化調整区域なので、水害や地震等に耐えられるようにかさ上げし杭も60mで打っている。万全なBCP対策を図っている」と同社小西利明営業マネージャーは話す。

■KIC春日部ディストリビューションセンター
建設地:埼玉県春日部市下柳字古川端643-1他(地番)
敷地面積:9914.48m2
延床面積:2万1165.22m2
用途地域:市街化調整区域
構造:RC+S造
階数:地上4階
天井高:5.5m
柱間隔:11.5m×10.0m
床荷重:1.5トン/m2
バース:28バース(両面)、ドッグレベラー4基
エレベーター:貨物用2基(各3.6t)、乗用2基(11名用)
駐車場:42台(トラック3台・乗用車39台)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集