トレーディア/3月期の売上高3.1%増、営業利益450.9%増

2021年05月14日 

トレーディアが5月14日に発表した2021年3月期決算によると、売上高149億3700万円(前年同期比3.1%増)、営業利益6100万円(450.9%増)、経常利益1億5600万円(73.9%増)、親会社に帰属する当期純利益1億800万円(112.9%増)となった。

セグメント別では、輸出部門が売上高26億1300万円余(9.6%減)、営業損失8500万円余(前年同期の営業損失6800万円余)だった。下半期から世界的なサプライチェーンでの生産活動が徐々に再開され、機械機器製品をはじめとする輸出貨物の取扱量の増加で持ち直したものの、上半期の雑貨と機械機器製品の大幅な減少が響いた。

輸入部門は、コロナ禍で取り扱いが増えた衛生・医療関連物資、ステイホームで取り扱い増となった電化製品や雑貨などの生活関連貨物を中心に荷動きが堅調に推移し、売上高54億3600万円余(0.1%減)、営業利益900万円余(前年同期は営業損失1600万円余)となった。

国際部門の売上高は66億9100万円余、営業利益は7700万円余だった。倉庫部門は、安定した賃料収入によって前年同様の売上高5900万円余を計上。営業利益は第1四半期に倉庫修繕費などを計上したことで5000万円余となった。

次期は、売上高148億円(0.9%減)、営業利益5000万円(18.6%減)、経常利益1億5000万円(4.2%減)、親会社に帰属する当期純利益9500万円(12.5%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集