先端ロボ財団/ESR物流施設から無人航空機で東京湾縦断

2021年06月18日 

先端ロボティクス財団は6月21日、カイトプレーンを用いた無人航空機による飛行レベル3(無人地帯での目視外・自律飛行)での東京湾縦断飛行実験を実施する。

<実証実験で使用する無人航空機>
20210618robo 520x360 - 先端ロボ財団/ESR物流施設から無人航空機で東京湾縦断

<飛行ルート>
20210618robo1 520x399 - 先端ロボ財団/ESR物流施設から無人航空機で東京湾縦断

実証実験は、社会変革と物流の脱炭素化を見据えた技術検証を目的として実施するもの。横浜市~千葉市間の50kmを約1時間で飛行する。

離陸場所は、ESRが横浜市金沢区で建設中の物流施設「ESR横浜幸浦ディストリビューションセンター」の敷地を提供する。着陸場所は千葉市の稲毛海浜公園第一駐車場。

■実証内容
飛行区間:ESR横浜幸浦DC計画地(横浜市)→稲毛海浜公園第一駐車場(千葉市)
飛行レベル:レベル3(目視外・自律飛行)
実施日:6月21日(予備日:6月22、23日)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集