LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

SC・ロジスティクス研究所/物流配慮デザインの取組実態を調査

2021年09月03日/調査・統計

サプライチェーン・ロジスティクス研究所は9月、物流配慮デザイン(DFL)への取り組み実態に関する調査結果を発表した。

DFL(Design for logistics)とは、物流・ロジスティクスを配慮した製品設計等のこと。

DFLはモノ自体の「運びやすさ」の改善等を通じ、物流の効率化や生産性向上に繋がることから、近年、産業界で取り組みの機運が高まっているが、一方で、取り組み実態が明らかでなかったことから、基礎的な情報を把握するために今回の調査が実施された。

<DFLへの取り組み度合いの業種別比較>
20210903scl 520x179 - SC・ロジスティクス研究所/物流配慮デザインの取組実態を調査

調査の結果では、業種ごとに取り組みの度合いに差があり、「電気・電子機器製造業」や「食品・飲料製造業」などで取り組みが進んでいることが明らかになった。

<DFL取り組み項目へ「対応済み」と回答した企業の割合>
20210903scl1 520x204 - SC・ロジスティクス研究所/物流配慮デザインの取組実態を調査

また、企業規模別では大企業ほどDFLが進展しており、売上1000億円を超える企業の約半数が「DFLを担当する部署・担当者が設置されている」という実態が明らかとなった。

同調査結果の概要版は、下記リンクからダウンロードが可能になっている。

<<DFL実態調査結果(概要版)のダウンロードはこちら>>

■問い合わせ
サプライチェーン・ロジスティクス研究所
代表:admin@supply-chain.jp
公式サイト:www.supply-chain.jp

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

調査・統計に関する最新ニュース

最新ニュース