三菱地所/AI解析技術を活用した倉庫運営ソリューション導入

2021年10月28日 

三菱地所は10月28日、物流施設「ロジクロス」シリーズに、ニューラルポケット社のAI解析技術を活用した倉庫運営ソリューションを導入すると発表した。

第1弾として、2020年11月に竣工した「ロジクロス海老名」で、庫内作業の効率化に寄与する「AI庫内作業測定ソリューション」と、トラックバース管理を効率化する「AIトラックバース満空管理ソリューション」の2種類を提供する。

<庫内作業測定ソリューション導入イメージ>
20211028jisyo 520x157 - 三菱地所/AI解析技術を活用した倉庫運営ソリューション導入

「AI庫内作業測定ソリューション」 は、テナント企業が倉庫内に設置した監視カメラ用の映像をAI解析し、作業員・カゴ台車・フォークリフトを検知した上で、それぞれの動線・滞留・通行頻度を計測。計測した結果はエリア別・時間帯別・目的別等で集計して確認でき、作業手順や商品配置について改善点を抽出することができる。

また、物流現場での各工程(保管・荷役・仕分・ピッキング・包装・流通加工)にソリューションを活用することで、ロケーションや管理手法の変更、ピッキング作業手順の見直しなど、庫内作業の効率化にも役立てることができる。

さらに、フォークリフトと作業員の急接近など「ヒヤリハット」を事前検知でき、倉庫内運営の安全性向上にも寄与する。

<バース満空管理ソリューション導入イメージ>
20211028jisyo1 520x155 - 三菱地所/AI解析技術を活用した倉庫運営ソリューション導入

「AIトラックバース満空管理ソリューション」は、トラックバースや車路に設置したカメラの映像をAI解析し、トラックバースの利用状況をリアルタイムに把握・管理することができる。

スマートフォンからも分かりやすい画面で利用状況を確認でき、日常的な倉庫オペレーションにも役立てることが可能。また、利用状況は時間帯・バース・出荷先別などでダッシュボード解析でき、トラック配車や荷物の積み下ろし作業で改善点を抽出することができる。

<出入口管制ソリューション導入イメージ>
20211028jisyo2 520x156 - 三菱地所/AI解析技術を活用した倉庫運営ソリューション導入

このほか、「ロジクロス」シリーズでは物流施設への入出場の安全性を向上させる「出入口管制ソリューション」についても、今後の実装を予定している。

同ソリューションは、車両・歩行者の検知技術の確立や、AI解析の上、サイネージ等の電子掲示板へ表示するというシステム構築も完了しており、将来的な実装を見据えた技術を確立している。

ニューラルポケットのAI解析技術は、高い検知精度(カメラに写っている範囲で約 100%の検知精度を達成)と分かりやすいwebサイト画面表示により、安定した運用が可能。また、セキュリティやプライバシーにも配慮されており、AIカメラ解析の特許技術(変動マーカー技術)を活用することで単眼カメラ1台から広範囲の空間を認識できるため、設備投資コストを抑えた導入が可能となっている。

三菱地所は、2021年4月に「物流テナントリレーション室」を新設し、開発・運営する物流施設に関わるPM・リーシング機能を統合して営業上の起点を集約し、幅広いテナントニーズへの対応とソリューションの提供に取り組んでいる。

今回のAIソリューションの提供はその一環で、今後は同ソリューションでの解析結果を踏まえ、倉庫内運営の最適化に関するコンサルティング提案にも取り組む予定。

<ロジクロス海老名>
20211028jisyo3 520x287 - 三菱地所/AI解析技術を活用した倉庫運営ソリューション導入

■「ロジクロス海老名」
所在地:神奈川県海老名市中新田5ー12ー1
敷地面積:3万100m2
延床面積:6万4200m2
規模・構造:地上4階・S造
運営管理:三菱地所(一部業務を東京流通センターに委託)
用途:マルチテナント型物流施設
竣工:2020年11月30日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集