LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/世界最大級のLNG燃料供給船第2船の建造資金を調達

2021年11月01日/IT・機器

商船三井は11月1日、同社100%保有子会社 Emerald Blue Maritime(エメラルドブルーマリタイム)が保有する世界最大級のLNG燃料供給船第2船「Gas Vitality」の建造資金として、トランジション・リンク・ローンによる資金調達契約を締結したと発表した。

このローンはフランスのSociete Generaleを主幹事行、三井住友銀行を幹事行、また、両行をCo-sustainability Coordinatorとし、組成にあたっては、「商船三井グループ環境ビジョン2.1」で掲げた目標をサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲットとして設定するトランジション・ファイナンス・フレームワークを策定した。

その適格性については、以下1~4全ての基準に準拠する旨、「DNVビジネス・アシュアンス・ジャパン」による第三者認証を取得している。

1.国際資本市場協会(ICMA)
「クライメート・トランジション・ファイナンス・ハンドブック」

2.金融庁、経済産業省、環境省
「クライメート・トランジション・ファイナンスに関する基本指針」

3.国際ローン市場協会(LMA)他
「サステナビリティ・リンク・ローン原則」

4.環境省
「サステナビリティ・リンク・ローンガイドライン」

この船は、昨年2020年4月に竣工した第1船「Gas Agility」の姉妹船で、昨日2021年10月31日中国の滬東中華造船(Hudong-Zhonghua Shipbuilding)にて竣工し、Total Energies Marine Fuels(トタルエナジーズマリンフュエルズ)に用船されている。最先端技術・環境性能を搭載した最新鋭LNG燃料供給船として、この船は今後のLNG燃料船の普及拡大を促進する重要な役割を担っている。

■概要
船名・竣工日:Gas Vitality(2021年10月31日竣工)
造船所:滬東中華造船(中国)
船籍・船級:フランス・BV(フランス船級協会)
全長・型幅・型深:135.9M・24.5M・16.0M
載貨重量:8780DWT
カーゴタンク容量:1万8600m3
カーゴタンク方式:メンブレンGTT Mark III Flex

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース