LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱重工/CO2船舶輸送の事業化を目指すプロジェクトに参画

2021年11月11日/IT・機器

三菱重工業は11月11日、液化CO2(LCO2)の船舶輸送に向けた課題の検討に取り組む「CO2LOS III(CO2 Logistics by Ship Phase III)」プロジェクトに参画すると発表した。

<LCO2輸送船のイメージ図>
20211111mitsubishig 520x293 - 三菱重工/CO2船舶輸送の事業化を目指すプロジェクトに参画

CO2LOS IIIは、 LCO2輸送での将来のニーズとソリューションを理解するために必要な知識、情報を共有することを目的としたパートナーシップで、従来からのパイプライン輸送に加え、船舶によるCO2輸送技術の開発を促進することを目指している。

ノルウェーのCLIMIT–Gassnovaのデモプログラムによって共同設立されたこのプロジェクトには、同社の他、 Air Liquide、 BP、 Brevik Engineering AS、 Equinor Energy AS、 Gassco AS、 SINTEF AS、 TotalEnergiesなど欧州の主要CCUS関連企業や研究機関、 三菱商事が参画。 CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)バリューチェーンにおいて欠かすことのできないCO2輸送分野で、脱炭素プロジェクトが活況な欧州の主要パートナーと協業することにより、 LCO2船の開発や市場の拡大に大きく寄与することが期待される。

同社グループは、 三菱造船が有する液化ガス輸送船(LPG・液化石油ガス輸送船、 LNG・液化天然ガス輸送船)建造で蓄積した高度なガスハンドリング技術や、三菱重工エンジニアリングが有する世界トップシェアのCO2回収技術などグループ内の知見を結集し、陸・海に跨るCCUSバリューチェーンの構築に貢献する。

CO2を回収して貯留するCCS(Carbon dioxide Capture and Storage)、さらに転換利用まで行うCCUSは、カーボンニュートラル社会実現には有効な手段として注目されている。そのバリューチェーンにおいてLCO2船は、液化されたCO2を貯留および利用する拠点まで輸送する役割を担うもので、将来的な需要の拡大が見込まれている。

三菱重工グループは、エナジートランジション(低環境負荷エネルギーへの転換)の事業強化に戦略的に取り組んでおり、CO2エコシステムの構築はその中の柱の一つ。今回のCO2LOS IIIへの参画を通じ、CCUSバリューチェーン構築に必要なLCO2船に関する各種技術の開発および提供に引き続き尽力し、 カーボンニュートラル社会実現に向け貢献していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース