LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NSW/「Infor WMS」販売でインフォアジャパンと提携

2021年11月16日/IT・機器

NSW(日本システムウエア)は11月16日、 インフォアジャパンと製造・流通・卸売・3PL向けクラウド倉庫管理システム「Infor WMS」の販売において業務提携を締結し、本日より提供を開始したと発表した。

両社は、昨年7月にも製造業向けERPパッケージ「Infor CloudSuite Industrial」の販売においても業務提携しており、デジタルシフト推進に向けた付加価値の高いサービス提供を進めている。

Infor WMSは、倉庫のデジタル化と可視化、オペレーションの自動化と効率化ニーズに対応する大規模倉庫向けグローバルWMS。多言語対応、タイムゾーン管理を備え、複数の拠点や荷主に対応する汎用性と業種別に特化した機能の搭載により、スピーディな導入が可能で、30年以上にわたり全世界60か国以上で採用されている。倉庫管理のみならず、庫内作業員の労務管理や3PL請求管理までを集約し、継続的な生産性改善を実現する。

<NSWの物流DX>
20211116nsw 520x296 - NSW/「Infor WMS」販売でインフォアジャパンと提携

NSWは長年にわたる物流システムの開発実績により、多様な業態に応じた入出庫・在庫管理のノウハウを有している。Infor WMSをLMS(物流管理)やTMS(輸配送管理)などのシステム、各種マテハン機器や自動倉庫、AGV(無人搬送車)などの倉庫現場ツールと連携することで、インフラからデータまでを含むトータルマネジメントが可能となり、グローバル展開および大規模物流センターを保有している製造・流通・物流業の顧客の総合的な物流基盤構築をサポートする。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース